プロ仕様の会計ソフトがあります

オリジナル見出し01

会計ソフトは、メーカー側からソフトウェアを購入するのが一般的でしたが、最近ではインターネット上でダウンロードするだけで導入が完了するソフトが数多く存在します。



数ある中でも、上級者向けのプロが使用することを想定した会計ソフトがあり、主に企業や団体などで大容量のデーターを扱う業務用を目的として法人向けに販売している会計ソフトです。



このようなプロ仕様の会計ソフトの導入は、代表の管理者がメーカーへ電話やメールなどで問い合わせをするヒアリングから始まり、対象の業務内容を明確にした上で複数のソフトを用意し、その中から対応したものをセレクトするというのが大まかな流れです。



また、上級者向けの本格的な会計ソフトは、「勤怠管理」「人事管理」「顧客管理」「売上分析」などを総合的に行うことができる万能タイプは、ソリューションパッケージと呼ばれ、業務の特性や操作を熟知した上でスペックに優れたソフトです。



製品を決め、インストールする際は、メーカー側からエンジニアスタッフが来てPCにインストールする工程から、必要であれば具体的な使い方としてマニュアルリファレンスを指導してもらうことが可能です。



また、しばらく使用してから不満点や欠点を感じるようになった場合でも、後から機能を付け足してもらうこともメーカーによっては可能な場合もあります。

http://smany.jp/7871

システムのバージョンアップのような更新の際には、エンジニアスタッフが来て自動的に更新手続きをしてもらうことができます。

http://news.goo.ne.jp/article/gigazine/trend/gigazine-45156.html

https://matome.naver.jp/odai/2146396757016678001

関連リンク

  • タイトル21

    通常、欲しいものがあるときにはお金を用意するものです。商品の購入代金を準備して店舗でそれと引き換えに商品を受け取ります。...

  • タイトル22

    クラウド型の会計ソフトで普段行うメイン業務は、仕分け登録です。ソフトがあれば、銀行やクレジットカードの取引データを自動取得して、ある程度取引内容を自動仕分けして、それを確認して登録や無視、などのボタンで仕分けします。...