これから求められるナレーション

オリジナル見出し01

CMやニュース、バラエティー番組などでナレーションをするナレータの活躍を耳にします。



ナレーターの仕事はナレーションをすることが仕事です。


番組のデレクターやプロデューサーの求めに応じて的確なしゃべりを入れなければならない技術のいる仕事です。



ナレーターと呼ばれる人たちは、テレビ局などにアナウンサーとして所属して仕事をしてる方もいますが、事務所などに所属してフリーで仕事をする方も多くいます。



成功する方は、一握りの方たちで、一般的には、不安定な仕事です。



ただ最近は、ネットによる動画や広告などが増えてきました。
動画の広告などでも、それを解説する声は必要になってきます。



それにより、ナレーションの需要が高まっています。

http://4meee.com/articles/amp/516746

昔は、ナレーターというのは、正確にナレーションを入れる事が出来る人というのが求められていました。

http://viewcard.okbiz.okwave.jp/faq/show/141?category_id=35

しかし、最近では、番組の特色により、それを生かすような個性のあるナレーターが求められるようになりました。

そのため、本業のナレーターやアナウンサー以外にも俳優さんやタレントの方がナレーションをする番組も増えてきました。

ナレータという仕事は、声を出す仕事という事で、文章を読むことが好きな人に向いている仕事です。しかし、ただ文章を読むのが上手いというだけで出来る仕事ではありません。
表現力があることも重要です。
また、文章を理解して読むことが出来る読解力も必要です。他にも、番組を見ながら、それに合わせながら文章を読み進めなければならないという事で暗記力も必要になります。
ナレータは、若い人には若い人の魅力があり、年齢を重ねた人には、その魅力があり需要があります。

年齢に関係なく、いつまでも出来る仕事として魅力的な仕事です。専業でなくても誰でも可能性のある仕事です。

https://m3q.jp/?tag=%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E6%9C%BA

ぜひ興味を持ってみてはいかがでしょうか。


関連リンク

  • タイトル21

    給与所得者からフリーランスになった場合には、身の回りのことを全て自分でしなければなりません。できないことは誰かに頼むのも自由ですが、そのような相手を探すのは本人でありそこでかかる費用に関しても、全て本人が負担することになります。...

  • タイトル22

    通常、欲しいものがあるときにはお金を用意するものです。商品の購入代金を準備して店舗でそれと引き換えに商品を受け取ります。...