フリーランスになったら会計ソフトを

オリジナル見出し01

給与所得者からフリーランスになった場合には、身の回りのことを全て自分でしなければなりません。


できないことは誰かに頼むのも自由ですが、そのような相手を探すのは本人でありそこでかかる費用に関しても、全て本人が負担することになります。給与所得者は自由がない代わりにあらゆる部分で保護をされていますが、フリーランスとなればその逆で自由がある代わりに誰からも守られることはないので、やるべきことは全て自力で行わなければなりません。フリーランスになった時にしなければならないこととして、確定申告があり給与所得者であれば会社が代わりに行ってくれた納税も、フリーランスは本人が自ら収入を申告して納税をする必要があります。


控除額の大きな青色申告を狙うのであれば、簿記の知識など必要となりますがこのような知識を持っている人はそれほど多いものではありません。
それでは知識がなければ青色申告は難しいかというと、そのようなこともなく会計ソフトを使えば知識の無さを補う事ができます。会計ソフトは取引を入力するだけで自動で帳簿が作成され、それを元に自動で確定申告用の書類も作成をすることができるので、簿記や会計の知識がなくても確定申告をすることができます。


確定申告にかかる手間というのはフリーランスにとっては非常に負担の大きなものとなってしまうので、簿記の知識がないのであれば会計ソフトを導入して確定申告を乗り切るようにしましょう。











http://www.kyodonews.jp/today/201106/index.php?page=4

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n24550

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/dir/list/d2078297616/note

関連リンク

  • タイトル21

    会計ソフトは、メーカー側からソフトウェアを購入するのが一般的でしたが、最近ではインターネット上でダウンロードするだけで導入が完了するソフトが数多く存在します。数ある中でも、上級者向けのプロが使用することを想定した会計ソフトがあり、主に企業や団体などで大容量のデーターを扱う業務用を目的として法人向けに販売している会計ソフトです。...

  • タイトル22

    通常、欲しいものがあるときにはお金を用意するものです。商品の購入代金を準備して店舗でそれと引き換えに商品を受け取ります。...