アプリとも連携できる会計ソフト

オリジナル見出し01

クラウド型の会計ソフトで普段行うメイン業務は、仕分け登録です。
ソフトがあれば、銀行やクレジットカードの取引データを自動取得して、ある程度取引内容を自動仕分けして、それを確認して登録や無視、などのボタンで仕分けします。


この作業は、パソコンを使わなくてもスマートフォンやタブレット端末からでもできます。
クラウド型会計ソフトのなかには、専用アプリと連携させてそこから操作できるものもあります。

それを使えば、移動中でも、寝転がってでも作業ができます。

空いた時間を有効に使えるので便利です。

経理作業は必ず机の前に座ってやらなければならないと思わなくても、いつでもすぐにできるというメリットがあります。
スマートフォンやタブレット端末に最適化された会計ソフトであれば、見辛い感じもなくスムーズに使えます。

取引内容は右フリック、不要なものは左フリック、といった感じで指だけで仕分けができるものもあります。


会計ソフトは、使いやすさが選ぶ時のポイントになります。
たくさん機能がついていても、使わなければ無駄な費用になってしまいます。

経理作業に不慣れな人でも使えるソフトもたくさん登場しているので、まずは試しに使ってみると良いでしょう。

種類がたくさんありすぎて迷った場合には、使いたい機能がついているか、使いやすい操作感か、デザインは良いか、サポートはしっかりしているか、費用は的確か、などを比較して検討すると良いでしょう。











http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10113597075

http://viewcard.okbiz.okwave.jp/faq/show/141?category_id=35

http://okwave.jp/qa/q9237939.html

関連リンク

  • タイトル21

    以前までは、電化製品やパソコンショップに行って会計ソフトを買ってきて、それをパソコンにダウンロードするインストール型のソフトが主流でした。しかし、最近ではクラウド型の会計ソフトを使う人が増えてきています。...

  • タイトル22

    クラウド型の会計ソフトで普段行うメイン業務は、仕分け登録です。ソフトがあれば、銀行やクレジットカードの取引データを自動取得して、ある程度取引内容を自動仕分けして、それを確認して登録や無視、などのボタンで仕分けします。...